シミュレーターで効率よく練習しよう!

もはや当たり前になりつつある実車走行前後のシミュレータートレーニング

レース活動をしているドライバーの多くがレース前やサーキット走行前後にシミュレーター(SIM)トレーニングを取り入れています。実車でのテストが一番ですが、走行前の頭の切替や、自分自身の運転技術の向上という点ではSIMを利用するのが安全に効率よく(=低コスト)練習できます。

初めて走るコースへ行く時や少しブランクのある方は、絶対にSIMトレーニングを行ってからサーキットへ行くことをお勧めします。コースが頭に入っているという事は非常に大事で、走行1発目の走り出しが全然違いますし、初歩的なミスによるクラッシュが防げます。

さてさて、このSIM、「実際にレース活動をしているドライバーが利用する」と聞くと何だか敷居が高そうに感じるかもしれませんが、そんな事はありません。どなたでも利用できます。

ペーパードライバーや免許取り立てで運転に自信がなくても、中・高校生で免許が無くてもOKです。むしろ、安全なSIMを用いて基本操作を覚える事をお勧めします。また、現役ドライバーのデータと比較する事で自分の悪いクセが発見出来たりするので、経験など気にせずどんどん利用して頂きたいと思います。

10月に開催されたZAPUSHを運営するZAP SPEEDのドライバーオーディションでは、参加した約7割がSIMトレーニングを事前に行って受験しました。当日は、実にスムーズに検定車輌のフォーミュラカーを運転してました。(SIMにはツーリングカーもございます)

皆さんも是非シミュレータートレーニングを活用下さい!

写真はZAP SPEEDのオーディションの模様です。オーディションに関してはZAP SPEEDのホームページをご覧下さい。http://www.zap-audition.com/

ad_sim_image

 

 

投稿者